催しを成功させやすい

誘惑するポーズ

ピンクコンパニオンを利用するなら、どんなピンクコンパニオンを利用するのか、よく吟味することが大事です。例えば、ピンクコンパニオンにも普通のピンクコンパニオンがいれば、コスプレコンパニオンやシースルーコンパニオンなんてジャンルのコンパニオンだっています。
ですから、実際に利用する際には自分達が合ってるなと思えるコンパニオンを上手に利用することが大切です。イマイチ自分でもよくわからないのですが、ノーマルコンパニオンとピンクコンパニオンはどう違うんでしょうね。エッチが出来るコンパニオンと出来ないコンパニオンだったりするんでしょうか。真偽の程はよく分かりませんがとりあえず話を進めます。
ピンクコンパニオンを呼ぶ際には色んなコンパニオンがいて、状況に合わせて呼ぶようにすると良いなんて書かれてはいるが、一体どうやって、使い分けをするというか、どのように呼べばいいの??と全くコンパニオンの呼び方が分からない人もいることでしょう。そのような人のために少しばかり説明しておくと、まずインターネットは必須ですね。これがないと始まりません。そしてインターネットでピンクコンパニオンについて調べるのです。そうしてピンクコンパニオンで検索してみると、情報をまとめたまとめサイトを見つけることが多いです。
そこから自分の利用したい地域のピンクコンパニオン等を調べれば良いのです。その時にどんなコンパニオンを呼ぼうか考えているなら、事前にコンパニオンの種類で検索することも出来るんです。ですのでもし先に利用したいコンパニオンが決まっているのなら、まずはインターネットでピンクコンパニオンについて調べてまとめサイトにたどり着いたら、コンパニオンの種類を選択して検索すると良いでしょう。

新たな知識として・・・

胸を手で隠している

ピンクコンパニオンはただ宴会に呼んで男性陣で囲んでお触りしまくるというのだけが、利用の仕方ではありません。まあ自分達が呼んだピンクコンパニオンなんですから、どのように利用しようが、あなた方の勝手かと思われますが、この機会にまた違った利用方法を知っておくことも案外悪くないかもしれませんよ。実はピンクコンパニオンは宴会だけではなく、あなた方が泊まりがけで旅館に行った際などにも利用することが出来るんです。
まあ泊まりがけかどうかは別にしても、旅館で宴会をしてそこにピンクコンパニオンを呼ぶことはあるかもしれませんね。でも普通に宴会に呼んだことがある人達ばかりかと思います。なんと特別コースで露店風呂なんかにピンクコンパニオンを呼ぶことが出来るんです。つまりピンクコンパニオンと一緒にお風呂に入ることが出来るということですね。当然、お触りしてもいいので、無茶ではない範囲でお触りしてもらえればと思います。これぞ言葉の表面上の意味での裸のお付き合いかと思います。実際に大勢の男性と数人の女性たちとで、一緒にお風呂に入るなんて経験、人生で一度あれば凄い方ではないでしょうか?私はそのへんよく分かりませんが。。。まあ何にせよピンクコンパニオンにはそういった利用方法のあったのかと、この機会に新しい知識として加えてもらえればと思います。まだまだ、ピンクコンパニオンの利用方法には様々なものがあるのですが、今回は尺の都合上割愛させていただきます。

青いブラジャーを着る女性

普通のコンパニオンとは

刺繍が入った白い下着

しっぽりコンパニオンを楽しみたいなら事前のセッティングは必須ですね。まあピンクコンパニオンを利用するならまだ知らず、普通の人たちを呼ぶ際には一人だけ呼ぶとかそういう事が多いかと思いますので、一人で利用する際には通常のコンパニオンを呼ぶ人が多いかと思います。さっきから、ピンクだの普通のだのなんか言っているように見える人もいるかもしれませんが、コンパニオンと一口に言っても何種類か種類があり、冒頭で挙げたピンクコンパニはよく利用する人たちが多いかと思います。
この人達は性行為以外のことは大概何をしても大丈夫だったり、旅館などの泊まりがけの際にピンクコンパニを呼んでいるなら、露店風呂に一緒に入るなど、中々どうしてな体験をすることが出来るでしょう。まあピンクコンパニは宴会などを盛り上げるプロですので、会社なんかの忘年会でも呼ぶところは呼んでいたりしますね、、、女性社員がいなかったり、女性がいなくなる二次会以降などで呼んでいるところもありますね。まあ団体であれ、個人であれ、利用する際には色々思うところがあるかもしれませんが、普通のコンパニオンの人たちは基本的にはお触りなどは禁止されていますので、その点には気をつけて下さい。普通のコンパニオンの人たちは、一緒にお酒を飲みながら、会話を楽しむというのが、基本的な楽しみ方となっています。ですので、もしコンパニオンを利用したいなら、普通のコンパニオンなのか、ピンクコンパニオンなのか、どちらのコンパニオンを利用するのかといったことには気をつけて下さいね。

一緒に場の雰囲気を!

コートの下は裸

お互い気持よく楽しむためにはピンクコンパニオンだけに場の雰囲気を預けるのではなく、ちゃんと男性側も一緒に場の雰囲気を盛り上げていくことが大事です。そうすることはピンクコンパニオンにとっても嬉しいことのようです。

Read more

このエントリーをはてなブックマークに追加